2016年12月28日水曜日

つくってあそぼうよ~セメントポットを作ってみよう~


つくってあそぼうよ




「やあ!こんにちは!僕は元型枠大工の「枠枠さん(わくわくさん)」だよ!」

今日は型枠の技術を応用してみんなに『セメントポット』の作り方を教えちゃうよ!」




今回の工作セメントポット




「さあ!それじゃあまずは用意するものを紹介するよ!」


✩用意するもの✩

●道具・・・カッター、カッターマット、えんぴつ、定規、洗面器ぐらいの大きさの容器、使い捨てスプーン、わりばし、マイナスドライバー、ふで

○材料・・・ベニヤ板(厚さ2mmぐらいのもの)、木工用ボンド、マスキングテープ、セメント、ニス




「以上が用意するものだよ!それじゃあ早速作ってみよう!レッツ✩枠枠ゥ~!!」



①ベニヤ板を切る



「まずは外枠から作ります。ベニヤ板を10cm×10cm5枚切ってみよう!」



「これが10cm×10cmで5枚切ったものだよ!」


②ボンドとマスキングテープで箱を作る

「次に、切ったベニヤ達をボンドとマスキングテープを使って箱型にくっつけてみよう!」



「これで10cm×10cm×10cmの立方体をした外枠のできあがりだよ!」
「同じ要領で8cm×8cm×8cmの立方体をした内枠を作ってみよう!」


「左が外枠、右が内枠だよ!ここで、マスキングテープは外枠の場合は外側だけ内枠の場合は内側だけに貼るようにしよう!テープの跡がセメントに付かないようにするためだよ!」



「ハイ!という事で、これで型枠は完成です!次はいよいよセメントを流し込んでみるよ!・・・」



「・・・と、思ったらもうお昼の12時だね。それじゃあお昼休憩にしようか!」












「いやあ~!やっぱり弁当屋の弁当はうまいねぇ~!!安いけどお腹がいっぱいになるよ!」




「食べた後は昼寝に限るねぇ~!こうやって午後の仕事の体力を温存しよう!」






そして・・・





「さあーて!次はいよいよセメントを流し込むよ~!」



③セメントを流し込む



「それではセメントそれを練るために入れる容器を準備しよう~!ちなみに今回使う容器は何回も使っているので余ったセメントが付着して固まってしまっているよ。見えづらくてゴメンよ~!」



「それでは早速セメントを入れてみよう!中央の粉っぽい部分が今回入れたセメントだよ!」

「ちなみに今回は撮影の為に部屋の中でセメントを練るけど、本来は粉やセメントが飛び散っても良いように屋外で作業をすることをオススメするよ!僕も今回畳を汚してしまったよ!」


「水を投入するよ!じゅわわわわ~ん」


「水を入れたら混ぜてみよう!コツは粉っぽいところに水が染み渡るように混ぜる事だよ!セメントは水の量がちょっと変わるだけでも、突然ビチャビチャになったりするから、少しずつ、慎重に水を加えよう



「『もっちりとした泥のような感じ』になったらOKだよ!ではこれを外枠に入れてみよう!」



「この、一番最初にセメントを枠に投入する瞬間は何回やっても緊張するね~!クゥー!緊張✩枠枠ゥー!!」



「どんどんセメントを練って、底から2cmの高さになるまで投入しよう!」


「セメントを底から2cmの高さまで入れたら、その上の中央に内枠を設置しよう!」



「そして外枠と内枠の間にセメントを流しこんでいこう!なかなか器用さが求められるよ!」


「セメントはなるべく四方から均等に入れて、そしてちゃんと密に詰まるように割り箸で押し込もう!この時、内枠が中心からずれないように注意しよう!」



「ハイ!なかなか根気のいる作業だけど、なんとか上までセメントを詰めることができたよ!やったね!」


④一日寝かす



「という事でセメントを流し込む作業は終わったよ!この後は、約一日放置してセメントが固まるのを待とう!この間は特にやる事が無いので趣味でもしながら時間を潰そう!」





そして・・・
























~翌日~


「さあ!一日寝かせたセメントが固まったよ!それではいよいよ枠をバラしてみよう!枠枠ゥー!!」


⑤枠をバラす



「まずはマスキングテープを剥がそう!」



「そしてセメントと枠の間に空いた隙間にマイナスドライバーを突っ込み、てこの原理を利用して枠を剥がしていこう!この時、力を入れすぎるとセメントが割れてしまうので注意しよう!」


パカッ
「うああああ!開いたー!!ちゃんとセメントが詰まっているー!!成功やー!!これは例えるならば「頑張った試験の合格発表の日に『合格』の文字が出ていた」もしくは「告白したら、返事が『OK』だった」時の感じと同じやー!!!」



「という事で外枠の五面を全てバラしたけど特に異常は無く、無事セメントが詰まっていたよ!」



「では同様に内枠をバラしてみよう!内枠は外枠よりも剥がすのが難しいので更に慎重にバラそう!」



「ハイ!という事で内枠も無事にバラせたよ!バッチリ形ができているね!」



「という事で無事に枠がバラせました!これでほぼ完成だよ~!!やったね!」



⑥仕上げ



「枠をバラした直後のセメントポットは粉っぽいので水洗いをしよう!」




「洗って乾かしたあと、セメントポットの内側にニスを塗ろう!」



「なぜ内側だけなのかと言うと、セメントは非常にアルカリ性が強く、セメントに直で触れた土アルカリ性土壌になってしまう事があるんだ!その場合その土は植物が育ちにくくなる場合があるので、しっかりニスをセメントポットの内側に塗って、土と絶縁するようにしよう!」


「そして土を入れてお気に入りの植物を植えれば・・・」


「完成だ~!!」

「やったー!!これで自分だけのオリジナルのセメントポットができあがったね!!お部屋に飾って友達に自慢しちゃおう!!」



ちなみに・・・




「今回は立方体で作ったけど、型枠の形を工夫することでこのような形もできるよ!様々なバリエーションを考えて、もっとわくわくするセメントポットを作っちゃおう!」




「でも、『自分で作るのは大変だし面倒』という人も大丈夫!僕が作ったセメントポットがminne(ミンネ)で販売されているよ!」

「会員登録をしなくても個人のハンドメイドの商品を購入することができる便利なサイトなんだ!」



「ちなみに宣伝しておいてなんだけど、僕の商品は送料込みでそこそこ良い値段するけど、実際労力に対してそんなに儲けはないんでぶっちゃけ本当にこの商品に興味があるという人が買ってくれたらイイなと思っているよ!!(いやらしい話でゴメンね!)」


「それじゃあ宣伝も終わったしこれからパチスロへ行くから今日はこの辺でお別れだよ!まったね~!!」








つくってあそぼうよ ~完~

2016年12月26日月曜日

台湾の現代史と建築物② 二二八記念公園

どうもーバイト教です。
最近はいろんな建設現場でバイトをさせていただいております・・・。
いろんな人との縁を大事にしていきたいと思う所存であります。


さて前回に引き続き、台湾の現代史と照らし合わせながら見ると面白かった建築物を紹介していきたいと思います。


②二二八和平公園


場所:台北市 台北駅から徒歩で行けます。

用途:「二二八事件」の慰霊碑や記念館がある公園


公園なので建築とは呼べませんが、「二二八事件」は台湾の現代史にとって大きな出来事だと思うので紹介します。

「二二八事件」とは
第二次世界戦後、台湾は大日本帝国に代わり、中華民国の国民党が統治することになりました。当時の国民党の政治は一般市民に対する圧力が大きく、治安はどんどん悪くなる一方だったそうです。
1947年2月27日に起きたとある事件をきっかけに一般市民による国民党への反乱が起きました。翌日2月28日にそれらは武力で鎮められ、多くの一般市民が虐殺されたそうです。
それ以降、国民党による独裁政治が始まり、40年近くその状態が続いていくそうです。


以上が簡単にですが、二二八事件の内容です。


ちなみに、1990年頃まで「二二八事件」は台湾内でタブーとされており、歴史の教科書などにも掲載されていなかったそうですが、台湾内で民主化が進み、ようやくその事件の究明などが行われたそうです。
そして、悲惨な事件を二度と繰り返さないために、この「二二八和平公園」が設立されたそうです。





そんな「二二八和平公園」ですが、公園内はとてものどかな場所です。
遊具なども沢山置いてあり、親子やお年寄りの方など様々な方が日常的に訪れています。




そんな公園の中心地に一際目を引くオブジェが建っています。
これは二二八事件の慰霊碑だそうです。




まるで芸術作品のような慰霊碑です。



これは慰霊碑の足元の写真なのですが、水が張ってあり池の上に慰霊碑が建っていることがわかります。

この通路を進んでいくと手形のある手すりがあります。
その手すりに手を当ててその中を覗いてみると、




池の地下部分に水が落ちていく様子が見れます。
丁度この様子を見ている人の姿勢がおじぎをしているような形になり、それが事件の犠牲者への追悼の意味を込めた礼になるのだそうです。

面白い仕掛けですね。




この慰霊碑がどうしてこのような形をしているのかはハッキリわからないのですが、一つ推測した事がありまして、

前方から


右から


左から

このように三方面から見ても全て同じ形に見えます
誰に対しても平等に、裏表の無い世の中を理想とする、つまり台湾の民主化を願うという意味が込められているのではないかと思いました。




公園内には「二二八記念館」という資料館もあります。



記念館内には当時の様子がわかるような資料が多数展示されています。


音声案内もしており、日本語にも対応しているそうです。


再現図や像、当時の新聞やインタビュー映像など貴重な資料が展示されています。



二二八和平公園を訪れた際には、一度立寄る事をおすすめします。



非常にのどかな二二八和平公園ですが、その背景には悲しい過去があったのですね。
台湾という国自体もおおらかで暖いイメージがありますが、歴史的には先住民の弾圧や差別などが何度も繰り返されてきた場所だそうです。


前回も書きましたが、今後独立路線を進むという台湾がどのように変わっていくのか気になります。



一旅行者の目線として、今後の台湾には、

古き良き雰囲気を残しながらも建物をもう少し綺麗にして欲しい。



運転が荒いので安心して歩けるようにしてほしい。



空気を綺麗にしてほしい(大陸側からの影響もあるかもしれないけど・・・)。

の3点を改善していってほしいと思いました。
なぜならもっとたくさんの人に訪れてほしいから。

それでは最後にハオチーな水餃子の写真でお別れです!


サイツェン!!









以下PR↓


2016年12月現在、
ようじ教、現在短期の仕事を募集しています!
沖縄県内にお住まいの方で、簡単な大工仕事を必要としている方はいらっしゃいませんか?
「業者を呼ぶほどでは無いけど、自分でやるにはちょっと・・・」
とお悩みのお方、他業者よりはお安くお仕事承ります!
棚の制作や、力仕事など、何でも承りますので気軽にご連絡ください↓

お仕事の受付は終了いたしました。
また頃合を見計らって募集させていただきます。
ありがとうございました。

ucyj1873@gmail.com
以下実績